脂質異常症と他の病気との関係性について解説

血液中には、コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)、遊離脂肪酸、リン脂質などの脂質が含まれます。脂質は、エネルギー貯蔵庫になったり、ホルモンの材料になるなど、大切な働きがありますが、多すぎると動脈硬化が進んだり、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす恐れもあります。血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多すぎたり、動脈硬化を防ぐ働きがある善玉コレステロールが少なすぎる状態が続く病気を「脂質異常症」と呼びます。
脂質異常症は、原因によって「原発性高脂血症」と「二次性高脂血症」に分類されます。

「原発性高脂血症」は、遺伝によって発症するタイプです。遺伝子の異常で起こることが分かっているもの、遺伝子が固定されていないものがあります。家族性高脂血症は、遺伝子の異常で、LDL受容体に欠陥があり、悪玉コレステロールを細胞内に受け取ることができず、血液中に悪玉コレステロールが増えてしまう病気です。

「二次性高脂血症」は、他の病気や薬によって脂質異常症が引き起こされたものです。原因となる病気は、糖尿病、肝臓病、腎臓病、甲状腺の病気、副腎の病気などです。原因となる薬は、ステロイドホルモン剤、利尿薬、避妊薬などです。原因となっている病気を治療したり、薬を変えるなどして、脂質異常症を改善することができます。

脂質異常症によって、他の病気を引き起こすことがあります。血液中で過剰になった悪玉コレステロールは、血管の壁に取り込まれて蓄積し、動脈硬化が進みます。その結果、狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気、脳梗塞のような脳の病気が起こり、命に関わることもあります。足の血管に動脈硬化が起こったのが、閉塞性動脈硬化症です。歩行中にふくらはぎなどに痛みが出るという症状で、放っておくと安静にしていても痛みが続き、さらに悪化すると皮膚に潰瘍が出来ます。中性脂肪が急に増えると、激しい痛みをともなう急性膵炎になり、重症になると、命に関わります。

参考HP:高脂血症(脂質異常症)の食事・原因・症状ガイダンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>